top of page

オールド・レンズ・ジャンキーズのニコン・レンジ・ファインダー用レンズ・フード

Nikkor 5cm F1.1の導入から70年が経過した今、おそらくニコンの伝説的な超高速レンズに特化した究極のレンズフードデザインを作り上げたと言えるでしょう。我々のクラシックなレンズフードが、写真愛好家の中で何が特別なのか、どうやって際立っているのでしょうか?

OLJレンズフードは、私のライカカメラとの旅路から生まれた製品です。すべては2013年1月、写真愛好家の師匠である吉明久保田氏によって私がライカ、特にM-Pタイプ240に紹介されたことから始まりました。それ以来、私のコレクションはM-Monochromタイプ246、SLタイプ601、M10、そして最新のM11を含むように拡大しました。これに伴い、私はフィルム写真への情熱を再燃させ、2台のM3、2台のM2(1台はブラックペイント)、2台のIIIa、2台のM4ブラックペイント、そしてカスタムのブラックペイントのMPを購入しました。

肖像写真を撮影する特別な愛情を持ち、ほぼすべての伝説的なライカ、ニコン、およびズノーのレンジファインダーレンズをコレクションしました。ノクチルックスクラスの50mmレンズに関しては、私が所有または現在所有しているリストは非常に多岐にわたります。

  1. Leica Noctilux 50mm F1.2 AA with original hood; 1,757 pieces produced.

  2. Leica Noctilux 50mm F1.2 revival version with original hood x 2.

  3. Leica Noctilux 50mm F1.o E58 with original hood; approx 3,500 pieces produced.

  4. Leica Noctilux 50mm F1.0 E60 V3 with original hood; approx. 3,150 produced.

  5. Leica Noctilux 50mm F0.95 (built-in hood).

  6. Nikon 5cm F1.1 Internal S-mount modified to M-mount; 835 produced; modified to M mounts

  7. Nikon 5cm F1.1 External S-mount with original plastic hood; 1,547 produced.

  8. Zunow 5cm F1.1 LTM E54.5 

  9. Zunow 5cm F1.1 Internal S-Mount Black Paint E54.5

  10. Zunow 5cm F1.1 Internal S-Mount E55

  11. Zunow 5cm F1.1 LTM E54.5 (serviced by Kanto Camera in August 2023)

  12. MS Optical 5omm F1.1 Sonnetar (sold via Fotopia HK) 

  13. Canon 50mm F1.2 LTM with original hood (under maintenance with NOCTO, Japan Inc.) 

ノクチルックスのオリジナルフードは見つけるのが難しいですが、ニコンとズノーのレンズフードはほとんど見つからない状態です。5cm F1.1のほとんどのニコンレンズフードはプラスチックで作られており、単純に生き残ることができませんでした。美品のプラスチックフードは今では最高で3500米ドルにもなることがあります。YAMA Specialなどのサードパーティ製のフードも、かつては日本の数少ないカメラショップで2万7000円で販売されていましたが、アルミニウム製で、今ではプレミア価格(最近ではヤフーオークションで1000米ドル)になっています。ズノーに関しては、オリジナルのズノーフードを目にしたことがありません。ズノーフードは黒く塗られた鋼鉄製ですが、なぜそんなに希少なのかはわかりません。

これが長い間私を考えさせることとなり、ニコンとズノーレンズをどのように保護すればよいかを考えました。そこで、自分で設計し、製作することに決めました。プロジェクト#1、#2、#3、および#5のニコンRFレンズフードを100個ずつ真鍮で製作し、黒いペイントで塗装し、日本で製造しました。各モデル12個ずつが予約および売り切れとされているため、日本国内では38個、世界中の他の地域では50個を、それぞれ固定の日本円価格および米ドル価格で販売します。これらのプロジェクトにより、レンズユーザーはオリジナルのフードを保管したり、売却したりすることができ、私のフードを使用することで、古いレンズが安全な場所や棚で「光を浴びる」ことができることを願っています。レンズも実際には呼吸する必要があります(つまり、フォーカシングアクション)、美品の状態を保つために。

フードの特徴は次の通りです:

IMG_3305.jpeg

ロジェクト#1: W-Nikkor 3.5cm F1.8、Sマウント、フィルターサイズ48mm、およびNikkor P.C 8.5cm F2、フィルターサイズ48mmに対応するデザインです。フード上に48mmおよび/または52mmのフィルターを取り付けることができます。合計88個を販売予定(日本市場向け38個、他の地域向け50個)、真鍮製でブラックペイント仕上げです。

 

プロジェクト#2: Nikkor-N 5cm F1.1、Sマウント、フィルターサイズ62mmに対応するデザインです。フード内に62mmおよび67mmのフィルターを取り付けることができます。フードのデザインは日本の特願2023=109302において特許出願中です。最終製品は真鍮製でブラックペイント仕上げで、リバーシブル仕様です。

 

プロジェクト#3: W-Nikkor 3.5cm F2.5 Sマウント、フィルターサイズ43mm、およびNikkor-W 3.5cm F1.8 LTM、フィルターサイズ43mmに対応するデザインです。外側のリムに52mmのフィルターを取り付けることができます。真鍮製でブラックペイント仕上げです。

 

プロジェクト#5: W-Nikkor 2.5cm F4、フィルターサイズ34.5mm、およびNikkor 3.5cm F2.5 LTM、フィルターサイズ34.5mmに対応するデザインです。フード内に37mmのフィルターを取り付けることができ、外側のリムに60mmのフィルターを取り付けることもできます。Project 5Lの試作品が準備されており、Leica E34レンズ(Summaron 28mm F5.6など)に取り付けるための34mmねじ込みタイプです。

 

プロジェクト#6は、Leica E39(X)、E46(Y)、E49(Z)のフィルターサイズのレンズ用にレンズフードを提供することを検討中です。

 

プロジェクト#7は、検討中です:Leica 58mmフィルターサイズのレンズ;Nikkor 8.5cm F1.5 LTM、Leica Noctilux 5omm F1.0、Version 1(カナダ製)、およびLeica Summarex 8.5cm F1.5 LTM。

 

プロジェクト#8: Zunow 5cm F1.1、Sマウント、フィルターサイズ54.5mm(検討中ですが、作成する場合は10個未満になる予定です)。

上記のすべてのレンズフードは真鍮製です。

 

2023年8月26日現在の情報です。

 

bottom of page