top of page

ニッコール-W 3.5cm F1.8、"S" / "L" - マウント交換レンズ

ここにある情報の中核、Nikkor-W 3.5cm F1.8に関する情報は、佐藤治男によって書かれたニコンの「一千夜一夜物語」の第三の物語から抽出されていますが、個人的なコメントは久保田義明氏によって書かれています。製造台数などは、(1)「完全なるニコンレンジファインダーシステム」(2) http://www.photosynthesis.co.nz/nikon/serialno.html を参考にしています。

佐藤治男氏によるNikkor=W 3.5cm F1.8の説明

このレンズは、1956年9月に初めて発売され、当時世界で最も明るい広角レンズでした。それに関連するボディはニコンS2でしたが、翌年にはSPが続き、その後にS3が続きます。ニコンはSPとS3のコンセプトとデザインに合わせて開発したと考えられます。

光学設計は、光学設計部の上級マネージャーである東秀夫氏が担当し、デザインは1955年の冬に完成しました。東は、第一の物語で言及されている脇元善司の師の一人であり、「S」/「L」マウントのニッコールレンズの設計に幅広い経験を持っていました。彼はニッコールレンズの改善に非常に貢献し、特に収差バランスの基礎を築くのに大きな役割を果たしました。

彼が活躍していた当時、ドイツではルートヴィッヒ・ベルテレ博士も同じ分野で活動していました。この日本のエキスパートデザイナーは業界外ではあまり知られていませんでしたが、彼の業績は数々の報告書や特許を通じて辿ることができます。

彼は1956年に大口径の広角レンズの特許申請を行い、1959年に米国特許を取得し、これが実際に新しいタイプのレンズであると一般的に認識されるようになりました。

当時、ほとんどの3.5cmレンズはF3.5からF2.5の範囲でしたが、これは世界で最初のF2以上のレンズでした。エルンスト・ライツなどの競合他社が同様のレンズを開発するのに1年から5年を要しました。

当時、デザイナーの道具はそろばんと対数表でした......膨大な計算と時間が必要だったでしょう。当時のレンズデザイナーであるためには、莫大な決意と献身が必要でした。

W-NIKKOR 3.5cm f/1.8 レンズの構造と特徴

 

​I.  W-NIKKOR 3.5cm f/1.8 レンズの断面図

 

W-NIKKOR 3.5cm f/1.8 レンズの断面図を見ると(以下の図)、これは対称レンズタイプに基づいていることが非常に明らかです。左からは凸レンズ、複合凸凹結合レンズ、絞り、凹レンズ、凸レンズ、そして別の複合凸凹結合レンズが配置されています。

これまでの外観は他のゼノター型レンズに似ていますが、このデザインでは完全に新しいランタン(La)ベースのガラス凸レンズを使用して球面収差と視野曲率を改善し、鮮明さと画像の平坦度を大幅に向上させました。

このレンズの特徴は、後部に配置された結合レンズです。ダブレットとも呼ばれるこの結合レンズは、高速レンズに一般的な球面収差とコマを改善します。

また、側方色収差(周辺の変色、にじみ)の修正にも大幅な改善をもたらします。フィルム面に最も近い凹レンズは、画角(視野角)が62度以上の高性能レンズを単純なガウス型レンズとして設計するのは非常に難しいです。

当時、このような大口径の広角レンズを製造することは驚くべきことだったでしょう。後の製造業者の設計と比較しても、東村さんのデザインの優越性が際立っています。他の設計が基本的にはまだガウス型である一方で、それが映し出されています。

2つまたは3つのレンズを結合させて、レンズ表面で生成される像差を相殺しようとする試みが行われています。一方、東村さんのデザインは、製造の容易さとコンパクトさの点で大きく進化しました。

東村さんの新しいレンズタイプは、新しいレンズのモデルとなりました。

しかしながら、警視心の鋭い読者は最近、この基本タイプを基にした新しいレンズが登場していることに気付くでしょう。最新のレンズデザインはこの概念を確定したようであり、再びデザインの優越性を強調しています。東村さんは、自分の発明が50年後もこの業界を指導し続けていることを知ったら誇りに思うことでしょう。

Screenshot 2023-08-31 at 4.40.56 AM.png

II. 各絞りにおける性能

f/1.8からf/2の範囲の描写は優れており、表現にはわずかなコントラストの低下が見られ、薄いベールのような柔らかいタッチがあります。

ごくわずかな周辺領域を除いて、フレアは均一でコントラストの圧縮も適切で、豊かな階調を保っています。低い散光収差により周辺部での「流れ」が最小限に抑えられ、周辺部はやや暗くなりますが、モノクロ写真ではほとんど問題になりません。

f/2からf/2.8で撮影した写真では、f/2.8からf/4の間に描写とコントラストの両方が向上します。特に中央領域は非常に鮮明になるでしょう。ただし、柔らかいタッチは失われません。周辺部の暗さも改善され、もはや問題となりません。

f/2.8からf/4の範囲では、室内撮影や夜間撮影、ポートレートに適しています。

f/5.6からf/8の間では、シャープネスと明瞭さがさらに向上し、全画面にわたる優れた描写が得られます。この階調と描写のバランスは、単に高いコントラストだけでは実現できません。この範囲はアウトドアや風景写真に最適です。

f/11からf/22の範囲でも同様の傾向が見られます。このレベルでは強いコントラストの写真が得られ、他の大口径の広角レンズと比較して、レンズ要素の数が少なく、設計余裕が多く、ゴーストを最小限に抑えています。

久保田氏によるコメント

W-Nikkor 3.5cm F1.8 LTM レンズは、1951年に導入され、ニコンのレンジファインダーカメラであるニコンS用の専用Sマウントを使用して1956年に発売されました。当時、ライカの35mmレンズはまだF2.0である中、市場で最速の35mmレンズでした。合計約8,000本が生産され、そのうち1,560本がライカスレッドマウント(LTM)用に製造されました。これはM39ねじマウントを持つどのカメラにも取り付けることができました。これはXenotarデザインを基にしており、背面に追加のダブレットがあり、フィールドを平坦にするだけでなく、球面収差とコマを改善するためでした。したがって、7群5枚構成となっています(通常のXenotarは4群5枚構成)。また、F1.4に十分な大きさのフロントエレメントと共に過大なリアエレメントは、減光を減少させるために設計されました。このレンズに関してよく言及される特徴は、高屈折率を持つ希土類(放射性)ランタンガラスを使用していたことで、これにより光学素子を軽量かつ薄型にすることができ、また、低分散性によりクロマティック収差を最小限に抑えることができます。

最大口径がF1.8の高速レンズで、暗い環境でも優れた性能を発揮し、美しいボケ効果を生み出すことができます。屋内や厳しい照明条件下で撮影する場合でも、このレンズはシャープで露光が適切な画像をキャプチャし、美しい背景のぼかしを実現します。多くの写真家は今でもこれを「ライカ用の最高の35mm広角レンズ」と評価しています。

開放絞り時には、選択的なフォーカスタイプの画像に十分なシャープさがあります。フォーカスは非常に重要で、わずかに外れた領域は毛羽立ったような外観になる傾向がありますので、少しでもずれると被写体が不快に見えるかもしれません。その少しの毛羽立ちを越えた先では、ボケは非常に魅力的で、時折気泡のように、あまりぐるぐるとせず、気を散らすことなくビンテージのキャラクターに満ちています。コントラストは非常に高くありませんが、低すぎるわけではありません。細部とテクスチャに富んだ被写体は鮮明でよく定義されて見えます。特に白黒写真で効果的です。このレンズが生み出す色彩は過度に鮮やかでも飽和しているわけではありませんが、非常に自然で正確です。一部の人にとっては少し控えめすぎるかもしれませんが、私にとっては非常にうまく機能しています。W-Nikkor 3.5cm F1.8 LTM レンズは実用的で多目的であり、旅行やレンズの交換に余地が少ないような状況に最適です。唯一の短所は、このレンズの価格がかなり高騰しており、正当化するのが非常に難しいかもしれません。

Nikkor-W 3.5cm F1.8 Sマウント(48mm)対 ライカ39mm Lマウント(43mm)

 

私たちはSマウントとLマウントを比較しました。以下に私たちの調査結果を示します。

Sマウントの重量は158.5gで、フィルターサイズは43mm、レンズフードスレッドは48mmです。 オリジナルのフードは短くて丸く、48mmの直径のアルミ製のクリップオンタイプで、ミント状態の価格は500ドルから1,000ドルに達することもあります。フードの価格は400ドルから600ドルの間です。ニコンは合計6,901個のコピーを作成しました。

一方、LTMバージョンは重量が184.6gで、フィルターサイズは43mm、レンズフードスレッドは43mmです。オリジナルのフードは角型であまり魅力的でなく、プラスチック製ですが市場では非常に入手困難です。ニコンはわずか1,560個しか作成せず、最近では良好なコピーでも2,500ドル以上の価格に上昇しています。

この価格の大きな違いは、SマウントバージョンがLeica Mカメラとの間で固有の非互換性があるため、Sマウントアダプターを使用する際に生じています.

 

 

Old Lens JunkiesのオリジナルフードTには、以下が含まれます:1) Sマウントバージョン用のNikkor 3.5cm F1.8用、Type 1

2) ライカ39M Vernon (LTM)用、Type 3

前述のように、Nikkor 3.5cm F1.8レンズのSマウントバージョンは、アメデオアダプターなどの優れたアダプターを使用しても、Leica Mマウントと物理的には互換性がありません。この制約は、レンズの後部デザインが、Leica Mマウントシステムと合わない、明示的に設計された東秀夫氏によるデザインに起因しています。ただし、他のNikkorレンズはアメデオアダプターと互換性がありますが、レンジファインダーが正しく作動するかどうかはわかりません。

Nikkor 3.5cm F1.8レンズのSマウントおよびLTMバージョン用に設計されたオリジナルフードには、あまり感銘を受けませんでした。Sマウントバージョンはクリップオンタイプで、単純な丸い形状で金属製であり、Nikkor 5cm F1.1レンズのフードのような魅力的なインスピレーションが欠けていました。一方、LTMバージョンは長方形の形状でプラスチック製でした。希少の為、Sマウントバージョンは500ドル以上の高額な価格で取引され、LTMバージョンはeBayなどのプラットフォームで2,000ドル以上もの高額な価格で取引されてます。これらの要因を考慮して、デザインと美学の課題に対処するため、両バージョン用の新しいフードの設計を決定しました。

Sマウントバージョンについては、Nikkor 5cm F1.1フードからインスピレーションを得て、48mmの直径フィルターサイズを備えたフードを巧妙に設計しました。これをOLJタイプ1と称します。このデザインはレンズに高まったダイナミズムをもたらします。Sマウントバージョンの東秀夫氏のデザインには、レンズ上に2つのフィルタースレッドが組み込まれており、クリップオンフード用の48mmとフィルター用の43mmが備わっています。その結果、43mmスレッドを備えたOLJタイプ3バージョンもNikkor 3.5cm F1.8 Sマウントレンズに実は取り付けることができます。ただし、タイプ3フードを取り付けている間に絞り調整ができないことに注意してください。

嬉しいことに、OLJ Type 1フード(48mm) はNikkor P.C 8.5cm F2レンズと問題なく組み合わさり、卓越したバランスと多様性を提供します。お知らせいたしますが、この8.5cm F2レンズは、LIFE誌との専属契約を持つ著名なフォトジャーナリストであるデビッド・ダグラス・ダンカンとの関連性を通じて、その優れた能力が初めて認識されました。

レンズのLTMバージョンは、43mmの直径フィルターサイズを備えています。我々はNikkor 3.5cm F1.8 Sマウントバージョンと似たデザイン哲学に従い、互換性を確保しました。OLJ Type 3フードはまた、人気のある長年販売されていたNikkor 3.5cm F2.5 Sマウントレンズと完璧に組み合わさります。

Take a closer look at OlJ's Type 1 lens hood, comparing it side by side with Nikon's original lens hood designed for the Nikkor 3.5cm F1.8 lens.    

bottom of page